LOADING

INTERFACE_YURAKUCHO

INTERFACE_YURAKUCHO

YURAKUCHO ART SIGHT PROJECT Vol. 2
INTERFACE_YURAKUCHO

有楽町・仲通りを中心とした計8ヶ所のビルや施設のガラスファサード部に、写真家・小山泰介が有楽町をモチーフに制作した約50点の写真からなる新作「INTERFACE_YURAKUCHO」を展開します。有楽町から生み出された色鮮やかな断片の数々が街に再び彩りをもたらす姿は、私たちが何度でも街と出会い直し、新たな発見をし続けることができる、その可能性を提示することでしょう。

会場:有楽町エリア8ヶ所
・有楽町電気ビル(仲通り側)
・有楽町micro FOOD & IDEA MARKET
・有楽町ビル(有楽町駅側)
・新有楽町ビル(有楽町駅側/仲通り側)
・新国際ビル(仲通り側)
・国際ビル(仲通り側)
・新東京ビル(東京国際フォーラム側)

期間:2021年3月18日(木)〜2021年5月9日(日)
主催:三菱地所株式会社、TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH PROJECT

小山泰介
INTERFACE_YURAKUCHO、2021

「INTERFACE」シリーズは、都市のストラクチャーとテクスチャーを写真によって再構築し、その断片化されたイメージを人々が都市と接する表層=インターフェイスへとインストールする作品。iPhone による撮影、3D技術を介したデータ変換、デジタルカメラによる再撮影といったプロセスを経て生成された本作は、人々が視覚的・身体的に都市と遭遇する接触点として、街のサーフェイスに着目して制作されている。 本作「INTERFACE_YURAKUCHO」では、小山が有楽町で撮影・制作した約50点の写真からなる新作を、有楽町・仲通りを中心とした計8ヶ所のビルや施設のガラスファサード部で大々的に展開した。

2021/12/09
04:11:44 JST

ENJA